HOME>オススメ情報>不動産をきちんと高く売るには比較することが大事

不動産査定の費用相場

提供した情報を基にした机上の簡易的な査定なら無料の場合が多いです。訪問まで行い、具体的な査定額を出す場合は不動産会社次第ですが、20万円から30万円程度かかることもあります。

不動産査定サイトのオススメ5選

大手が集まる住まいvalue

大手不動産会社6社に一括で不動産査定を頼むことができます。

情報の多いSUUMO不動産売却

持っている情報が、実際売却になった際に強みを発揮してくれます。

中古マンションならマンションナビ

マンション特化型のサイトなので、マンションを売りたい方は候補に入れておきましょう。

特殊な物件はイエウール

倉庫やビルまでターゲットに入っているので、特殊な形態の不動産でも対応してくれます。

匿名で検討できるLIFULL HOME’S

簡易査定を匿名で行えるので、とりあえずの相場観が知りたいときに便利です。

簡易版と本格版がある

男女

不動産の査定は、大まかに二つの種類があり、簡易バージョンと本格的な査定にわかれます。なぜ、このような違いがあるのは手続き上の手間とコストの問題です。本格的な査定は専門家が不動産を丹念に観察し、手間暇かけて評価していきます。このためクライアントからの相談の度にやっていると、コストがかかって仕方ありません。そこで、より簡易的な査定を予めやってから方向性を考えるケースも多いのです。ただ、簡易査定と言っても雑な仕事をしているわけではありません。周辺の取引状況や、クライアントから得た情報から、大まかな価格を割り出していきます。簡易版なら早ければ数時間で結果がでるので、すぐに見込みだけ知りたい時にも便利です。

一括申し込みができる

住宅模型とグラフ

簡易査定は一括で申し込みできるので、複数社の見積もりを見比べたい時に役立ちます。なんとか目を引こうと無理に高額査定を出している業者があっても、このやり方だと見抜けます。不動産取引の際には、使われることが増えてきた方法です。

本格バージョンの特徴

男性

本格的なタイプは、詳細査定・訪問査定とも呼ばれます。その名の通り対象の不動産を現地確認し、正確な見積もりを出していきます。具体的な売却予定があれば、こちらが選択肢です。利用するには書類が必要になったりしますので、丁寧に説明してくれる不動産会社を選んでください。

広告募集中